読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初夏

しつこいかもしれないけれど、夏になって店で桃を目にする度に
「桃が大嫌い。味も匂いも本当に大嫌い」
と何度も聞かされたことを思い出す。

嫌いなのはしょうがないと思った。無理に好きになってもらおうとも思ってなかった。
だけど何度も嫌い嫌いと聞くうちに、だんだんお前の事も大嫌いだと言われてるように聞こえて悲しかった。


桃と私じゃ全然違うじゃんって割りきれなかった私が心が狭かったんだろうか、

許せなかった私が悪かったんだろうか、






そうやって一つ一つは小さくても、積み重なっていって、消えてはくれない。

しかもその小さな事はどこにでも散らばっていて、いちいち振り回されてしまうの本当に馬鹿みたい。



あーー馬鹿みたい。

五月病

慣れない仕事を頑張ってやっていたら2:00近くなってしまって、ギリギリまで溜めていた私が悪いんだけども
ちょっと眠れなくてだらだらしてたらこんな時間になっちゃった。

仕事から帰ってきたらいつも少し寝ちゃって、それがだめだなーとはわかってるんだけど


こんなん毎日とか絶対できない

すごく良い職場でこれだからね


相変わらず今回も恐い人って思われてるっぽくて、緊張すると顔めっちゃこわくなっちゃうからなー。あーあ。






藤、今年見に行きたかったんだけど無理だった

悲しい出来事があった時や虚しい思いをした時、心がどん底に落ちていって、でも涙なんか逆に全然でなかったりして、どこかでどうしようもないんだって諦める気持ちと、それとは正反対の怒りの気持ち、許せない気持ちが同時に出てきてしまうからとても疲れてしまう。

それがどんなに些細な事だったとしても。
消えはしない。



もう少し感情がなければよかったんだけれど。

そうはいかないから、私がもっと心の広い人になるか、変わるのを信じるか、そうじゃなければ諦めるしか





諦めるって事は、捨てることだと私は思う。

友達

ここ最近の忙しさがやっと一段落して、昨日は夜まで休めたからだいぶ回復できてよかった。

先週はストレスと疲労がピークに達したのか、口の中が甘いものを食べた訳じゃないのに甘く感じて、糖尿病だったらどうしようとか不安になったり、真夜中の3時に突然ピンポンが聞こえて怖くて怖くてびくびくしていたのに、朝になって家族に聞いたら誰も知らないというので気のせいだったみたいで、尚更疲れたりして最悪だった。



だけどちゃんと時間もつくって母の日の前に家族に色々することもできたし、みんな喜んでくれたし、迎賓館も素敵だったし。良いGWだった。





授業で失敗を連発してしまってものすごく焦ってしまったけれど、先生今日調子悪いねーなんて笑ってくれたので少しだけほっとした。

顔と名前を覚えるのすごく苦手だけど大体わかるようになってきたし!






こういうことをしているから軽い女だとか嫌な言葉を言われたりするのかもしれないけれど、周りの女の子に話をするより男友達に話す方がはるかに良い答えをくれるし、思っていた答えと違っていても受け入れられる。話を聞くのも男性の方が楽しかったりする。男性は自慢話をすることも多いけれど、私の知らないことを教えてくれたりするのは楽しいし。
私の周りの女性が話題がなさすぎるだけなのかもしれないけども。
今の女友達にはどうでもいい話しかできない。多分信用していないし信用されていない。私が変わらないとだめだとはわかるけれど、これから先も付き合っていきたい人だと思えなければ変わる努力なんて私にはできない。


…これって友達って言っていいのかもわからないけど。



しっくりくる女友達を一人でいいから欲しい、切実に。
あーーもっともっと新しい人に出会いたいな、努力しなきゃ。


友達って何歳になってもつくるの超難しいな。

5月

疲れはてて、頭が痛くて、早く帰りたくて、でも早足できないくらい疲れてて、それに明日から祝日だから銀行に寄らなくちゃいけないし、教材探しにも行かなくちゃいけない、家に帰ったら一通りの家事をして、小さくてかわいい苺をジャムにして、夕ご飯をつくって、明日の仕事の譜読みをして、伴奏の練習もして、

ってうなだれていたらまた靴が脱げて階段から落ちて、

最悪だーっておもっちゃったらどんどん最悪になってしまうから一生懸命良い事、楽しい事、嬉しい事を考えようとしているけどもう膝がジンジンしていて無理。


来月は一週間のお休みがあるから、それを楽しみに生きようと思っているけれど、乗り越えられない、
つらい、とりあえず二日でいいなにもない休みが欲しい、



膝が傷んで泣きそう。

呼吸

早く一人暮らしをしたいと思っているのに、こうやって家に一人でいると必ず息が出来なくなってしまうから、無理かもしれない。

寒くもないのになんとなく寒くて、息が浅くなって、こわくてこわくて家族が早く帰ってこないかとソファで小さくなって待ってる。

普段は大して家族の事なんて大事にしていないのに、こういうときだけ頼っちゃう、自分勝手だ
他に頼れる人もいないし、あー早く帰ってきてくれないかな


本当は生のあおさと、もらったさやえんどうと、昨日お土産にした焼き鳥と、きんぴらと、色々あったけど誰もいないし、昼を15:30頃に食べてしまったからお腹すいていないし、




怒りを観た




あ、妹が帰ってきた

ほくろ

最近疲れはてて21時に寝て、そのかわり5時に起きて仕事をする生活になってる。

ミニプロジェクターちょっと欲しいなーなんて思ったんだけど結構高い。


昔は小さいピアスあんまりつけなかったけれど、今は仕事でもつけられるから好き。

仲良くなれそう、って思ってた同期がもう辞めて
いた。

お礼と謝罪を未だに言えずにいる人が夢に出てきて、久しぶりに寝ながら泣いてた。

右手の親指に気づいたらできていたほくろが気にくわない。


子供達の考えていること、感じていることを上手く汲み取ることができない。
全員の事を理解するなんて無理なのはわかっているんだけれども。

なによりも駄目なのは、顔と名前をなかなか覚えられない事。



でも、小さい頃から声はしっかり出すことができるし、怒ったりもできる性格なのはよかったなーと思う。ナメられたりも今のところしてないし。

少し慣れてきたのか、話しかけてくれる子も増えて嬉しい。



ネガティブに悪い方に悪い方に考えれば考えるほど辛くなるけど、ポジティブに良い方に良い方に考えれば楽しいし幸せよね。当たり前だ。






ほくろ占い面白いな、なんだこれ他人のほくろの位置なんて意識したことなかったけど今度から気にしてみよ。