クリスマス

22歳のクリスマスは仕事で終わりそう。
2日間外で薄着で仕事していたから、身体中が冷えきってる。凍え死にそう。

カップルや家族連れがキラキラした街を幸せそうに歩くのをイライラしながら早足で追い抜かして家路につくの、今月もう何度目だろう。
まず何にイライラしているんだろう私。



昔のTwitterやら書き残していたものなんかを読み返したんだけど、変わっていないと思っていた私も随分変わったみたい。

あの頃はまだこんなに諦めが早くなかった。今よりももっともっとわがままだったけれど、その分ちゃんと気持ちを伝えられていた。

泣くことも笑うことも怒ることもよくしていた気がする。

可愛いげはなかったと思うけれど、今よりもずっと相手に気持ちを伝えられていた。

好きな人に対しても、付き合っていた人に対しても。先生にも。


いつからだろう、なんにも伝えられなくなっちゃったのは。



ああ、去年のクリスマスも泣いた。よく覚えてる。

そう考えるとクリスマスっていつも泣いてるな。
大丈夫よ、ちゃんと楽しかったクリスマスの思い出もたくさんある。


私はクリスマスより新年の方が好きよ。
来年も着物を着てお出かけしたいけどちょっと難しそうね。再来年かなあ。