とろけるプリンじゃないやつが食べたい

小さい頃は、どんな仕事に就いてどんな家庭を持つかってはっきりと希望があって、当たり前のようにそれは叶うことだと思ってた。

だんだんそれが簡単なことではないことに気づいて、絶望して、そこからはもうなんとなくで生きてきたけど。

私の夢なんて叶わないし、現実は生きるのに精一杯だし。


だけど願いが叶わなくたって絶対自分の好きなように、思ったように生きる。

親の思うままや、世間体のために自分のやりたいことしたいことを諦めちゃうなんてそんなこと絶対したくない。

私の人生よ、私の思うままに生きるわ。

感謝ももちろんしているけれどだからといって親のためになんて生きたくないわ。




したいことたくさんあるんだから。




もう4月から社会人になってしまうのは少しこわいけど、楽しみでもあるし、
もっともっと大人になりたいな、ならなきゃな。


学生の間、いろんなアルバイトや仕事をしてみたけど、どの仕事も辛いことも楽しいこともたくさんあって、この経験があったから今の私があるんだなって思うとまた頑張ろうって思える。

なんか綺麗事並べたみたいになってしまったけど、とにかくいろんな仕事を経験できる今が楽しいの。





今度は私の仕事の話も、好きだってことも、ありがとうとかごめんねってこともちゃんと言えるような、伝えられるような、そしてちゃんとそれが伝わる人と付き合いたいなあ。
相手もありがとうごめんねって言ってくれて、話したいことやなんかもちゃんと私が聞いてあげられるような人。

思えばなんにも話せなかったし好きなものも嫌いなものもなんにも合わなかったの。というより全然お互い知らない。
聞いてほしいこともあまり聞いてもらえなくて。
考えることも違って。

それはそれで素敵だったかもしれないけれど。


お互いに最後まで歩み寄れなかったな、こどもだったんだろうな、



いつか大人になったときこれが笑って話せるようになれるように、それが近い将来になるように、日々生きたいね