卒業

卒業しました。


ほんの少しだけ、ほんの少しだけ泣きそうになったけど泣かなかった。

ついこの間のことだと思っていたのに、遠い遠い昔になっちゃってた、もう戻れない日々に心の中でお別れした。



今までの学校の中で一番好きな先生が多かったなあ。

先生達は私にとって心の支えだった。先生に会うだけで気分がよくなって、話せるだけで元気がもらえるような、そんな先生ばかりだった。


あーこんなこと書いていたら、急に寂しくなってしまって泣いてる、もう守ってくれる大人や学校はないのよ、今度は私が守る側になるのよ。しっかりしなきゃね。




好きだけど普段連絡は取らないような友人と、きっとこれから先会えなくなってしまうのだろうという寂しさを堪えながら、バイバイ、またいつかね。って笑って別れたの切ない。

いつかが来る可能性は低いけれど、また会えたらいいね、会いたいね、




バイバイ、みんな。