いちご

スーツをピシッと着たサラリーマンとすれ違ったときに、甘い香り、いちごみたいな香りがしてグッときた。





改めて思ったんだけど、
ああはなりたくない、あんな風には生きたくないって人が私のまわりには随分いてつらいし、ということは私自身も同じような人間なんだって事だし、もっとつらいのはその人の悪い部分を私も持ってるって実際に気づいちゃった時。

あんな風にだけはなりたくないって思っているはずなのにね。


嫌だなあ、最悪だ。こんな自分が。




素敵な人になりたいね、内面が素敵な人。

大人なのに大人になりきれずに、悪い意味でいつまでも子供みたいな人には、なりたくない、ね。

ああなりたくないって考えれば考えるほど私に似ている、本当につらい。つらすぎる。泣くわ。なんてろくでもない人間なんだ。



もう唇の癖10年以上やめられない、一生やめられないかもしれない、やめたいのに。やめたいのに。やめたいのに。今も全力でやめたいと思ってるのにやってる。最悪だ。最悪だ。なにもかも最悪だ。